teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


全80門搭載完了!

 投稿者:NEDD  投稿日:2017年 8月21日(月)22時36分58秒
  ペガサスの船尾は初登場ですね。
展覧会に出すとなるとお尻丸だしではマズイですから
ちゃんとパンツは履かせましょう。

私の方はや~っと全大砲の搭載完了です。
数が多くてしかも小さいとあって、ブリーチングをブルワークに固定するのも大変でした。
スケールが小さいので、ガンテークルは今回割愛してます。
暴露甲板に大砲が勢揃いすると、戦列艦の風格も出てきたようです。

さらに船尾の作業も開始したので、今日はカウンター部に船名を接着しました。
これ一枚の厚紙で作ったんですが、彩色するときに濃淡を付け
より立体的に見えるようにしました。 立体的に見えますかねぇ~?
 
 

スターン・フェイシア

 投稿者:マック  投稿日:2017年 8月20日(日)19時46分34秒
編集済
  NEDDさんも展示会を意識して頑張っておられるようですね。

私のペガサスは、現状船尾部が未処理で開いたままになっています。
展示会に出品するのにこれでは余りにもしまりが無いので、思い切ってスターン・フェイシアを作ることにしました。
このキットでは、薄いべニア材を2枚張り合わせて土台とし、その上に0.25mmの薄い真鍮板を正確にエッチング加工した装飾部品を2~3層重ねて立体感を出すようになっています。
好き嫌いがあるかも知れませんが、鋳造部品と違ってバリ、つぶれ等ありませんし、極めて正確に切り出されているので私は結構気に入っています。

・土台も装飾部品も張り合わせのラミネート構造なので、後でカーブを付けるのは困難と考え、
 最初から船体に合わせた曲面に整形し作業することにしました。
・キットでは窓枠も真鍮エッチングの部品を使うことになっているのですが、これは自作してみました。
 以前に先輩から教えて頂いた方法で作ってみたのですが、第1作目のチャールズ・ヨットの時に比べれば
 大きな進歩です。
・窓から中の構造材がどうしても見えてしまうので、仕方なく裏から黒い紙を貼って目隠しとしました。
・窓のプラスチック板に格子模様が入っているのが分かりますか?これは先輩から頂戴したものを使いました。
・実は、船体両舷側最後尾部分は図面より5mm程高くなっています。
 従い、このスターン・フェイシアも同じく5mmかさ上げしました。
 両脇兵士像の足元より下の部分がかさ上げ部分です。ここには飾りモールでも張ろうかなと考えています。

後は船体に取り付けるだけなのですが・・・
折角作ったものの、これは上部・左右で船体からはみ出しているので、今接着してしまうと今後の工程で引っ掛けたりしてバリッと剥がれてしまいそうです。どうしようかな・・・・?
作品展には取り敢えず両面テープで仮付けにして出品しますかね?
まだもう少し時間があるのでユックリ考えてみます。
 

カールおじさんも笑ってる

 投稿者:NEDD  投稿日:2017年 8月19日(土)23時22分36秒
  手すりを接着し、ステムも接着。出来た~! …と思ったら、
どこもかしこも寸法がズタズタではないか。
マックさんやFJさんみたいなスゴ腕だったらこんなこともないんだろうけど。
なんだか「精度のひどさは年齢に比例」しているような… きもする。

画像じゃ分からないだろうけど、現物は見られたもんじゃない。
しかし、残された時間は3週間。
知らん顔してこのまま突っ走るほかないか(泣)。
 

ガネルの取り付け

 投稿者:マック  投稿日:2017年 8月17日(木)23時56分52秒
編集済
  去る6月26日にガネルの自作を投稿していますが、作りっぱなしでまだ取り付けていませんでした。
カーブのきつい船首部は板材から切り出し、外周は角を1mm程落としたもので、初めての加工としてはまずまずの出来と気に入っていたものです。

いよいよ近づいてきた作品展を意識して、少しでも見栄えを良くしようとこれを取り付けました。

舷側からズレないように0.5mmの真鍮線を何本か差し込み慎重に取り付けました。
結果この部分はOK だったのですが、段差になっているところの接続部、及び端部の丸くなっている部分は結構苦戦しました。
それなりに慎重かつ丁寧に作業したつもりだったのですが、出来上がってみるとこの部分の出来はイマイチです。
ザンネン!

本当は、折角自作したティンバーヘッドも取り付けて是非皆さんに見て頂きたいところですが、これを付けてしまうと後の作業がやりにくくなりそうなので、今回は諦めました。

 

砲身黒染め

 投稿者:マック  投稿日:2017年 8月17日(木)00時17分15秒
  F.J.さん

えっ、このブロンズは「fake」なのでしょうか?
キット付属の部品リストにそれぞれの部品の素材が表示されているのですが、Cannon Barrelは部品番号が記載されているだけで素材名は書かれていません。
でも言われる通りかも知れません。
確か、前作のベルリンの大砲に穴をあけた時、中の色が違っていたことを思い出しました。

複製する技術がある人はそれでいいのでしょうが、そんなことはやったこともないし・・・
1本1本、やすりで表面を削り落とすのも大変そうだし・・・
困ったものです。
仕方ないので黒塗料で塗ってしまおうかなァとも思うのですが、質感がどうなるか、試してみる必要がありそうですネ!

話が変わりますが、
展覧会ポスターのために柏から横浜まで、そのフットワークには頭が下がる思いです。
それ以上に驚いたのは、投稿に記載されているお店ですが、いずれも私は全く知らない店ばかりです。
さすが「エンスージアスト」ですね!!

柏まではなかなか行く機会も無いでしょうが、それ以外は機会があれば一度覗いてみようかな、と思っています。
 

アマティ/ヴィクトリー・モデルズの大砲砲身

 投稿者:fake johnbull  投稿日:2017年 8月16日(水)23時04分34秒
  >マックさん

お作りのキット付属の大砲、私の作っているベレロフォン(ヴァンガード)のキットと同じアルミ(?)鋳物の表面に
ダミーのブロンズ風処理を施したものではないでしょうか。

おそらくは既に表面処理された金属部品なので、黒染め液を浸しても効果が出てこないのでは、と思います。

自分はキットの砲身使用はあきらめて自作→複製にする考えなので、試してはいませんが、
一度キット砲身表面のダミーのブロンズ風表現をヤスリで削り落して、アルミ用の黒染め液に
浸すのが一つの方法かもしれません。

ただし自分自身で試していないので、保証は出来ないので、ご了解をお願いします。
 

黒染め処理

 投稿者:マック  投稿日:2017年 8月16日(水)22時30分17秒
  NEDDさん、

苦労しながらも甲板、ネームプレートと作品展に向けて順調に作業が進んでいるようですね。
羨ましい限りです。

当方は、仕事もうまくいかず、模型制作もうまくいかずでやや落ち込み気味・・・
暫らくこの談話室からも遠ざかっていました。

先日投稿して戴いた「失敗は宝の山」・・・
何と心地よい言葉でしょうか?
しかし、失敗続きで「宝の山」がどんどん高くなっていくのも困ったものです。

先週末は、作品展を睨んで少しは細かな部分にも手を入れようと真鍮部品の黒染めをしました。
先輩からのご指導に基づき、防護メガネ、マスク、手袋の重装備で、説明書通りに洗浄液で脱脂処理をして黒染め液に漬けたら・・・

(1)砲身の黒染め:
   小さな部品と共に、ついでに砲身も黒染め処理をしたのですが、何故か3分ほど経過しても
   綺麗に変色しません。
   4分程たってしびれを切らせて引き揚げてみたら・・・2番目の写真の様にまだら模様になってしまいました。
   小さな部品は10秒もしたら綺麗に染まっているのに、砲身は何故かこんな状態です。
   これって、一体何が原因でしょうか?
   また、修復する方法は何かあるでしょうか?
   諸先輩方、もし何かアドバイスがありましたら、是非宜しくお願いします。

(2)ステンレス製虫ピンの黒染め
   アマゾンで「ステンレス用黒染め液」と言うのが出ていたので、試しに購入してみました。
   それで、ステンレス製虫ピンの頭を黒染めしようとしたのですが・・・
   ・5分経過しても全く状態は変わらず(変色せず)
   ・10分ほど待っていたら、最初は薄い青色の液が薄い茶色に変色してきましたが、
    虫ピンは全く変色していません。
   ・その後、液の中に細かな「澱」のような浮遊物が出てきましたが、相変わらず虫ピンは変色しません。
   ・結局、15分くらいつけていたのですが全く変色しませんでした。(3番目の写真)
   これって、黒染め液自体が使い物にならない、と言う事でしょうか?
   それとも何か使用方法が間違っていたのでしょうか?

またまたの失敗で宝の山を増やしてしまいましたが、同じような経験をされた方がおられましたら、是非アドバイスを宜しくお願いします。
 

宣伝活動

 投稿者:fake johnbull  投稿日:2017年 8月16日(水)22時09分52秒
  さてさて展覧会まで1カ月を切りましたが、作品準備もさることながら告知・宣伝活動も大事ということで
管理人さんから送っていただいたポスター3枚、模型店等に掲示をお願いしてまいりました。

柏の「ヤマモト模型」さん、プラモデル主体のお店ですが、ウッデイ・ジョーのキットや檜棒材等も置いてあります。
(ウッディ・ジョーのキットの近くには、エレールやレベルのプラ帆船キットも置いてあり、ちょっとした帆船模型コーナーになっています)

こちらのお店にはここ毎年、掲示させていただいていますが、掲示をお願いに言った当日、
ご店主のお母さまと思しき方もお店にいらして、「綺麗なポスターですね」と喜んでいただきました。

その他、池袋から御徒町に移転した「西山洋書」さん、横浜の模型店「ボークス横浜ショールーム」さんにも掲示をお願いしてきた次第。

西山洋書さんはマニアックな資料を求めるエンスージアスト(「オタク」ではなく「エンスージアスト」と書くとカッコイイ!!)の集うお店なので、
掲示をお願いするのはこれまた当然です。

横浜ビブレ9階にある「ボークス」さんはプラモデル、キャラクターのガレージキット、フィギュア主体のお店ですが、
会の地元である横浜の模型店に掲示をお願いしない訳にはいかないでしょう。

帆船以外のジャンルであっても、模型や乗り物・兵器資料に興味のある人の目に留まればいいな、と願っています。
 

ネームプレート

 投稿者:NEDD  投稿日:2017年 8月16日(水)21時21分2秒
  ネームプレートができました。
プリントした用紙を厚紙に貼り付けて1.0㎜厚にしたものを
部位によって切り分け、3層に接着してリボンが立体的に見えるように作りました。

★中央部の葉っぱが飛び出したところは、厚紙をカッターで削って葉の形にし、
 スリックで表面を滑らかに整えたもの。
★文字のところは1㎜幅の紙を切って作ってみました。

飾り台もゲタをはかせて立体的に。
ネームプレートをくっつければ…  なんということでしょう!!
仮の飾り台でもソレらしくなったでしょ。

あとは船体を載せれば展覧会にも出せるには出せるんですが…
肝心の船がまだ見通しが立たないので、とりあえず台だけアップしておきます。
 

デッキ張り

 投稿者:NEDD  投稿日:2017年 8月15日(火)21時07分40秒
  10日程作業が中断していましたが、今日からまた再開です。

画像1)デッキ張り完了。なにせ大砲が多いので、その分ガンポートも多く
 慎重にやったつもりでしたが、デッキ~ガンポート下端の高さがイマイチ(泣)。
 それを強引にねじ伏せて…なんとか「らしい」形に、、、
画像2)クォーターとプープのウォールを仮置きし、
 ウェザーデッキの大砲もズラリと並べてみました。
 80門戦列艦ともなると艤装数もハンパなくて、限界を感じました。
 

レンタル掲示板
/47