teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


キャとヘッドの構造

 投稿者:H.T  投稿日:2017年10月16日(月)13時51分30秒
  マックさん キャットヘッドの取り付けで苦労されているようですね…

SAILING MAN OF WAR からの抜粋ですが色々の構造のイラストを掲載しますので参考にして頂ければ…
 
 

キャットヘッド取付

 投稿者:マック  投稿日:2017年10月14日(土)22時54分3秒
  ヘッドレールの作業に入る前に、先ずはキャットヘッドを取り付けて位置を確定しておいた方が良さそうなので、そちらの作業に取り掛かりました。
船体に穴をあけるので、失敗したら取り返しがつかないと思い、慎重に、慎重に、慎重に・・・
結果、ガタもなく、開きの角度も図面通りでマアマアの結果です。

しかしながら、デッキを構造模型風に改造しているので、果たしてどのように固定すべきか?悩んでしまいました。
FFMによると、1番前のビームの上を通って2番目、3番目のビームの下をくぐるようです。(先日の模型展でキングフィッシャーも確かそうなっていました)
しかしながら、私の場合はどう考えても角度的に2番目ビーム(自作ビームとしては1番前のビーム)の下をくぐれるとは思えません。
どうしようかナァ・・・?

出来るとしたら、ビームを彫りこんでキャットヘッドを食い込ませる・・・と言う方法でしょうか?
もし何かいいアイデアがあれば是非教えて下さい。
(写真のキャットヘッドは図面よりも倍近い長さになっています)
 

フィギュアヘッド

 投稿者:マック  投稿日:2017年10月13日(金)22時09分25秒
編集済
  ペロシさん、

やっぱり同じなのですね! 安心しました。
海外のモデラーも同様と言う事は、設計ミスなんですかね?
スペーサーを背の部分のみならず前にも入れるというのは気づきませんでした。
前回投稿したように、前にずらすと正面から見た時にどうも違和感があったのですが、
これなら解決できそうです。 これでやってみようと思います。
有難うございました。

それにしても、ヘッド部分を実に綺麗に仕上げておられますね。
これだけのアップ写真でも「アラ」が見えません。素晴らしいです。
金属装飾、その他の塗装も見事だと思います。

私は挫折ばかりで、とてもこんなに綺麗に出来そうにもありません。
 

フギアヘッドの件

 投稿者:ペロシ  投稿日:2017年10月13日(金)14時12分0秒
  マック様
私も、フギアヘッドの羽根部分が当たってしまうので 何も考えずに羽根を切り取ってしましました。
しかし、外国の方の写真をみて この方法があったのかと思いました。
おっしゃるとおり、前にずらすのですが 背の部分と前の部分にスペーサーを入れる方法です。
写真が小さいかもしれませんが 添付します。
 

キャットヘッドとボルスター

 投稿者:マック  投稿日:2017年10月 8日(日)21時35分0秒
編集済
  展覧会以降はヘッドレールの失敗続きでスッカリやる気をなくし、制作の方は全く進んでいません。
そこで、気分転換にキャットヘッドとボルスターを作りました。

キャットヘッドは3x3mm角材から作っているのであえて中に滑車は入れず、前後に穴をあけてその間に溝を掘るだけという簡便法でやりましたが、こちらの方が綺麗に見えると思います。

この様な小物は、あまり気を遣わず、いくつでもやり直しがきき、余り時間もかからないので気分転換には最適です。
 

10月度研究会

 投稿者:マック  投稿日:2017年10月 8日(日)18時57分24秒
  私の場合、コンフェデラシー制作者より直伝でご指導を受け、追加で添付されたような治具を使っているにも拘わらずうまくいかないのは一体どう言う事でしょうネ!
ウデの差しかないですねェ~。
 

10月研究会ダイジェストをアップしました

 投稿者:fake johnbull  投稿日:2017年10月 8日(日)02時20分18秒
  NEDDさんからも紹介のあった10月研究会、ダイジェスト版をアップいたしました。

http://ysmc.la.coocan.jp/kenkyuukai/ken1710.html

話題になっているヘッドレール周りですが、コンフェデラシー(製作者はこちらの掲示板にも書かれていらっしゃる方?)
製作事例でのヘッドレール工作も、文章と(掲載量の関係で小枚数ですが)画像で紹介されています。

3枚目の画像は実は10月研究会で使われた画像ではなく、構造模型分科会のダイジェスト(http://ysmc.la.coocan.jp/kenkyuukai/ken1503F/frame1503.html)をアップした時に
私が作図したものの流用ですが、理解しやすいようにダイジェスト版に追加したものです。

お役にたてば幸いです。
 

ヘッド部工作

 投稿者:マック  投稿日:2017年10月 7日(土)21時54分13秒
編集済
  ペロシさん、

私のペガサスは未だヘッド・レール等で行き詰っており、その後全く進んでいません。
ペロシさんは既にヘッド部は終わっておられるようですが、一つ教えてもらえませんか?

(1)最初の写真のような部品を接着しようとして、念のためフィギュア・ヘッドとの位置合わせをしたところ、ペガサスの羽部分が当たってしまいうまく入りません。
(2)キットの解説書には何も記載が無いのですが、図面を良く見た所、スペーサーを入れてフィギュア・ヘッドを3mm前にずらせ、となっています。(2枚目の写真)
(3)そこで、3枚目の写真の様にペガサスを3mm程前に設置してみると、確かに羽が邪魔することは無くなりましたが、前から見ると如何にも「ズレている」と言う感が否めません。

ペロシさんはこんな事はなかったですか?
もしあったとすれば、どのように対応されましたか?
(図面指示通り3mm前へずらすか、又は最初の写真の部品の先端(羽にあたる部分)を切り取りペガサスは所定の位置に設置するか、どちらかと思っています)

こんな経験がお有りならば是非教えて下さい。
 

フィギュアヘッド

 投稿者:NEDD  投稿日:2017年10月 6日(金)12時37分56秒
  彫刻の作り方には大きく2通りの作り方があります。
一つはツゲなどの木の塊を彫るやり方(上級者向け)
もう一つはパテや粘土等の柔らかい材料で肉盛りする塑像(初級者向け)。
談話室の9月1日にフィギュアヘッドを粘土で作った事例を投稿しています。

やり方を文章で説明するのは難しいのですが、粘土のやり方を簡単にいうと
 ①ステムからはみ出した像の側部を作り、
 ②それをステム両側から当て、現物合わせで間を埋める…という方法。
ペガサスの場合、翼があったと思いますが、
これは別途作って最後にくっつけた方がいいでしょう。

まずは彫刻でやるか塑像でやるかを
ベロシさんが自分のウデと相談して選択することからやってみてください。
…あるいは、
 ③破損したキットの像を修復する…というのもアリですね(笑)。
 

フギアヘッド

 投稿者:ペロシ  投稿日:2017年10月 6日(金)10時07分39秒
  ペガサスのフギアヘッドを破損してしまいました。
手作りでの作り方を どなたかお教えください。
お願いします。
 

レンタル掲示板
/55