teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. クラシック無駄話(2)
  2. 不思議やら怪奇やら(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


意見ごもっとも

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月24日(木)19時13分39秒
返信・引用
  母子殺害事件での差し戻し公判だけど、被害者の夫の言い分はもっとも。
死刑の廃止のための裁判ではない。
死刑反対の意見を発表する場ではない。
それにしても弁護側の言い分はあまりにも幼稚。
一体何のための裁判なのかと言いたい。
まったくあの弁護団は日本弁護士会から除名しろよなぁ。
法学部出身として恥ずかしい。

http://www.kanshin.com/user/39592

 
 

変形性脊椎症!!

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月23日(水)22時15分3秒
返信・引用
  それは笑い事ではないです・・・!私も腰のヘルニアとかいろいろやってますけど、脊椎やられるとヴァイオリンなら弾けません!!

>レントゲンで見る自分の骨はちょっと気持ち悪かった。
確かに首のところの神経部が圧迫されている。

そうですねwwあれはちょっと・・・CTはさすがに見せてくれませんでしたが、まるで標本のようにヘルニアでしたw


>放射線透過試験

そういえばネタでしょうが高校生が核融合実験に成功したとか某匿名掲示板に書いて、まともにとって騒いでる奴らがいますね~。・・・北じゃあるまいし。
 

非破壊検査

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月23日(水)21時47分9秒
返信・引用
  遊具施設の金属疲労を調べる検査には
PT、MT、UT、RT等がある。
PT
液体浸透探傷試験
MT
磁粉探傷試験
UT
超音波探傷試験
RT
放射線透過試験
このうちPT、MT、UTはやった経験がある。
ふふふ
俺もまぁいろいろとやってきたもんで。
RTだけはやってない。
と言うかやりたくない。
被爆するから。
レントゲンみたいなもんだな。
ひびを見るのならPTよりもMTがいいだろうなぁ。
磁石の粉と洗剤を混ぜ合わせたものを試験体に吹き付け紫外線ランプで照らすとあら不思議、ひびが光って見えるってもの。
液体浸透探傷試験は浸透性の高い赤い液体を塗布し、表面をきれいに拭いた後、現像液をスプレーするとその赤い浸透液が吹き出して見えるってもの。
ただこれが疑似模様(ひびではないのだけどそれに似たような模様が出る)が出るのであんまり確かな検査方法ではない。
こう言った非破壊検査を実施する事をしらない施設が結構あるそうだけど、信じられないね。
機械が不変なものと思っているのだろうか。
そんな馬鹿共が管理している施設には行きたくないものだ。
しかしどうした日本。
最近本当にレベル低い!!
だいたい法律での規定がないからと言ってやらないなんて後進国じゃあるまいし。
自主的にやるもんだ。
まったく~

http://www.kanshin.com/user/39592

 

チャット状態

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月23日(水)18時17分49秒
返信・引用
  実はねぇ~
変形性脊椎症となってしまったのだ。
腰ではなく首の方。
長時間同じ姿勢でいたからだな。
モニターの高さをちょっと上げるかな。
最初は手首の痛さから始まったのだけど、だんだん上腕部の痛みを感じ、そして指先に痺れを感じた時点で病院に行った。
レントゲンで見る自分の骨はちょっと気持ち悪かった。
確かに首のところの神経部が圧迫されている。
いかんねぇ。
ストレッチをやらないと。
10分間の首吊りもやったよ。
マッサージも受けたのだけど、ちょっと力が足りない感じだな。
いつもは老人相手にやっているから力の加減が足りないのだな。
野球選手のトレーナーとかに観て貰った方が良さそうだ。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

LAN

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月23日(水)18時04分0秒
返信・引用
  10年以上前、windowsでは3.1のころから2000年くらいまでは私、専門だったんですけど(苦笑

忘れてしまいました。プリントサーバがどの端末とか、95以降はインタフェース回りのソフトが全てOSに取り込まれプラグイン対応されたから2,3のカンタンな手段で数珠繋ぎならとりあえずことが足りるとか、そんなところまでは覚えていますが・・・だいたいプラグもUSBじゃなかった(苦笑
 

すごいですね・・・

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月23日(水)18時00分10秒
返信・引用
  6万円以内である<ここのところが・・・

こちらは7万台でワンルームでしょう。駐車場まで入れたら10万いくかもしれません。
住宅補助の微々たる雇用条件だとたいへんです。。

電気工事士の二種免許がいるのでしょうか。コンセントから先のことなのに免許が必要なんですね。
 

あああ・・・

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月23日(水)17時53分31秒
返信・引用
  そうか・・・
調べたわけでもないけど、今なんとなくわかった。
一つのパソコンをメインとしてそこにいろんなファイルとかを入れておいて
各端末はそこにアクセスするようにすればいいのか。
サーバーは電源入れっぱなしとなるわけだな。
今共有プリンタで出力する時に繋がっているパソコンの画面にプリンターのインクの残量インジケーターが表示されているのを見て理解した。
あとはプリンターの電源を遠隔操作出来たらだな。
 

早速注文した。

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月23日(水)17時47分57秒
返信・引用
  4巻まで注文したよ。
今日は適当に理由をつけてサボり。
家庭内乱をやったw
こうなると今度来るサーバーも本来のサーバーとして使った方がとも思ったけどさすがにサーバーの概念がわかんないから仕方がない。
プリンターの共有も簡単だったな。
それをやっている最中に中古のノートパソのCDドライブに不具合があることがわかってしまった。
読み取りが途中で出来なくなるようだ。
外付けのDVDドライブがあるから支障はないけどね。
メーカーのコンボドライブを探して買わないとな。
近々独り者の癖に3DKぐらいのマンション(こちらは安いのだ。6万円以内である)に引っ越してそこを電脳化しようとしているから今はその練習。
本当は各機器の電源オフまで制御したいのだけど、どうも日本ではその手の装置は何か法律で駄目らしい。
コンセントのところに付ける装置なんだけどね。
その装置をパソコンで制御するのだ。
実に残念。
 

windowsと新耳袋

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月23日(水)16時26分18秒
返信・引用
  Msがライセンス管理用ソフトウェアのインストールをやんわり強制するがままにインストールしたら、確かに重くなりました。インストールするときから、これってユーザにはまったくメリットないMs都合の配信なのに、「インストールをおすすめします」はないよなー、とは思ったんですが。

新耳袋は1990年くらいに発刊された都市伝説もしくは怪談集成です。シリーズ化されいちおう完結してのちもメタ本から音声ドラマにテレビドラマ、イベントに映画化に漫画化という長いヒットを続けています。最初の本がすぐに絶版になって、当時私も凄く探したんですが、1,2年くらいしてメディアファクトリーが編纂しなおして(ここで削られた話がまた他愛ない伝説を生んでるんですが)出しなおしたところ、怪談本としては久々のヒットとなり(同時期に系統的には宝島ムックから派生した「と学会」本が出始めたのが両極端の時代性を感じさせます。オウム事件よりは全然前です)、コアなファンがつき似たような実話系怪談集が流行りました。一見まったく恣意性のない短い不条理怪談が無意図に羅列されているというのが、いかにも新機軸に見えて受けたようです。もともとは大阪かどこかのテレビシリーズが受けたのが発端だったとも聞いた気がします。

http://www.amazon.co.jp/%E6%96%B0%E8%80%B3%E8%A2%8B%E3%80%88%E7%AC%AC1%E5%A4%9C%E3%80%89%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E7%99%BE%E7%89%A9%E8%AA%9E-%E6%9C%A8%E5%8E%9F-%E6%B5%A9%E5%8B%9D/dp/4043653018/ref=sr_1_5/249-0476931-4727556?ie=UTF8&s=books&qid=1179903171&sr=1-5

文庫版ですが、在庫はもう少ないようです。最初の3冊くらい読めば十分かと。映像はひどく脚色されています。リングみたいなジャパニーズホラーものも、こういうのが受ける地盤に花開いたものでしょうね。じじつドラマはリングの監督が参加してます。

「実話怪談」は私の好きな田中貢太郎あたりから中岡俊哉氏などに脈々と受け継がれた「実話系二次創作怪談」を示す言葉です。江戸時代の随筆(新耳袋がやり方を真似た「耳嚢」はその代表格ですが、当時非常にはやった形式で他にも怪談を中心とした江戸後期随筆はたくさんあり、学問的な流行と照らし合わせると古代中国の志怪本の影響もあると思います・・・これは諸星大二郎さんの世界・・・)や日本民俗学系研究資料の表採形態を模したことで、「うさんくさくない本物っぽい怪談集」というとられ方をしています。怪談の新境地という人もいますが、松谷みよ子さんの口碑採集本で見られる手法を(松谷さんは解釈を織り交ぜてくることがありますし、よくソートされてますが)現代風のドライなルポ的文体で叙述的に焼きなおしただけのように思います。

これを「本物の実話だけの本」と勘違いした怪談マニアが諸所の疑問点をキーにアンチとして罵倒を繰り返したりなど結構オタク業界ではもめていたようですが、どうでもいいことです。しょせん他人の体験談、緻密な検証をしたとしても決定的にウソかホントかの判断材料となるものは出てこない(タイムマシンでも発明されれば別ですが)ものなので、幻想として緩く愉しむのがほんとのマニア、という風潮も最近は大きいように思いますし、私もそう思います。ただ、実話という冠頭詞を取り去ると途端に「なんじゃこりゃ」という怪談として甚だ「足りない」印象を受ける話が多いのも事実で、ここは作家さんの「化かしかた」次第なんでしょうね。

当該の話は読みおぼえがありますが耳嚢だったかな・・・耳嚢ではオランダ人の魔法で侍が水鉢の底に遠く離れた母親の姿を見せてもらったことがあり、後で母親に会ったところ同時刻に宙に浮く時分の顔を見たと証言した、という話があったのは覚えています。
 

新耳袋

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月23日(水)13時22分18秒
返信・引用
  てっきり江戸時代のあの耳袋に続編があったのかと思ったらそう言う番組があったのだなぁ。
俺はぜんぜん知らなかった。
まったく見た記憶がない。
と思ったらBSデジタルだった。
BSは久しく見てなかったよw

耳袋の方にこんな話が掲載されているらしいね。

ある時、突然男の顔が空間に現れて、
「あ、ここも違う」
と言う風な顔をして消えた。

この話だけを覚えていたのだけど、ネットで耳袋の話を検索して調べてみたけど、それらしいものはないなぁ。
トンデモ系の人の耳袋風創作だったのかな。
 

そこで

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月23日(水)11時57分5秒
返信・引用
  2000ずら。
モニターさえ持っていれば1万円弱でOK。
updateは切ってね。
マイクロソフトは劇重になるウィルスを送り込んでやがる。
Xpでの被害甚大らしい。
各パソコンメーカーは対処法を載せているが、当のMSは無視。
ほんとやり放題の会社だよ。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

へろへろです

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月23日(水)11時32分15秒
返信・引用
  二日で四時間睡眠、昔はがんばれたんですが。。すごいIT環境ですね!私は仕事が変わる予定なので職場からパクったノートPCを返さないとならず、そのあとは個人環境としてはケータイしかなくなってしまうという(T_T)  

サーバー その2

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月22日(火)23時20分9秒
返信・引用
  http://primeserver.fujitsu.com/primergy/catalog/close/pr200210/c150/
これの1.8GHzの方。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

サーバー

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月22日(火)22時53分55秒
返信・引用
  実は今週末にサーバーが届く。
と言ってもOSは2000Proだ。
パソコンとして使う。
富士通のエントリーサーバーなのだけどね。
8000円で買った日立のパソコンでも別に不満はないのだけど、ビデオカードが手に入りにくい(省スペースパソコンのためとPCIであるから)し、あったとしても高価だからそれよりも安い1万円でサーバーを買った。

ところでサーバーとはなんぞや?
もう20年もパソコンを使っているのだけど、そっち系の知識は皆無だよ。
中継局みたいなものなのかなぁ。
でかい筐体だから拡張性も高い。
なんでもかんでも突っ込めるからいいな。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

外タレの演奏

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月21日(月)23時19分45秒
返信・引用
  金返せよってのが結構多い。
オペラの引越し公演なんて手間だけしかかかんないのだからやらない方がいい。
オペラは長期公演でやらないと。
四季は本当に素晴らしいよ。
日本のオペラ界は努力が全然足りない。
もうやめたらと俺は思う。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

オペラや歌舞伎、外タレのコンサート

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月21日(月)22時54分37秒
返信・引用
  クラシックにかぎらず音にまつわるものって(安席もあるにせよいい場所で聞く見るためには)高いですね、、、昔はアマチュアがカネ取って弾くのはおかしいと、かたくなにチケットノルマを全部自費でまかないタダで配ったり、有償トラとして弾くのを否定したりしてました。ほんらい聞いていただくのであり聞かせてやるのではない、少なくともアマチュアは、と今も思います。

あ、日テレ放送事故だ。。
 

コンサートのチケットは高すぎる

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月21日(月)22時20分41秒
返信・引用
  それも異常なほど高いってのが野球観戦してよく分かった。
そして馴れ合いの中で成り立っているのだなぁってところかな。
末端で活動している自分としても反省しないと。
高尚とか芸術とかいろいろ言っているけど、結局は音楽。
嗜好のひとつなだけ
何も特別なものでもなんでもない。
と言うよりも一部地域のひとつの嗜好に過ぎない。
普遍的なものでも絶対に残しておかなければいけないと言うものでもない。
時代とともに滅びても仕方がないと言う存在か。
謙虚にならないといけないな。
何か演奏を通じて高尚な意味合いを持たせようとしたがるが、

そのようなものではない。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

res遅れました

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月20日(日)23時46分55秒
返信・引用
  妙に忙しい週末でした(苦笑

>強行突入して犯人を射殺すればよかったのにと思ったよ。

70年代のシージャック狙撃の後遺症と見る向きと、現場の混乱のせいとみる向きもあるようですが、前者としたら人権派って・・・しかし公権側が命を意図的に奪うことにかんしての論議は世界的にもケンケンがくがくなところですし、どうなんでしょうね・・・指向性の爆音器で相手を無力化する装置が米軍や米国警察には導入されてるそうですが、人質をとって武装した相手には結局射殺という手段がとられているようですし。

>恐怖と言うものは何も幽霊とかそう言った不可思議現象ばかりではなく日常的なものがほんのちょっとずれたところで起こることじゃないかなぁと思ったりする。

「あとで気がついた系」の異次元的な話ってちょっと面白いですね。。合理的に説明されても、何か違う気がすることもあり。悪夢のような、デビッド・リンチの映画のような、不条理とか超現実主義ってそういう無意識が現実世界にはみ出したような「微妙なずれ」って、怪談集だと「新耳袋」あたりにはけっこう載っていますけど、あれは少々脚色が過ぎるかんじもありますが、、、現実にはない自販機でジュースを買った話とか、山岸涼子さんの「タイムスリップ」にも通じるものがあり興味深いです。「マトリックス」で説明されたら身も蓋もありませんが(汗

>トラックボール

形や大きさにもよるんでしょうけど、指先が痛くなるのでIBM端末やその他小型ノートについているやつは使いません。マウスはどうも場所をとりますけど。。
 

トラックボール

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月20日(日)20時25分59秒
返信・引用
  マウスからトラックボールに変更した。
だいぶ前にもトラックボールを使用していたのだけど、まだ光学式ではなく、
手脂ですぐに認識しなくなるので数ヶ月で捨ててしまった。
そして今日久々に光学式のトラックボールを買った。
やっぱりトラックボールの方が使いやすい。
本当はキーボードにトラックボールを付けてほしいのだけどなぁ。
エルゴノミクスのキーボードがマイクロソフトだけ(安価で買えるのは)になってしまったのも残念だ。
と言うか、みんな普通のキーボードで満足なのだろうか。
俺はエルゴノミクスタイプでないとどうにも駄目なのだ。
本当は左右完全に分離しているタイプで専用チェアまで用意されているものがいいのだけど、どうももうないようだなぁ。
実に残念・・・

http://www.kanshin.com/user/39592

 

恐怖

 投稿者:けん@愛知学院大学OB  投稿日:2007年 5月19日(土)00時11分38秒
返信・引用
  ま、今回の事件も恐怖だけどね。
亡くなったS.A.T.の隊員があまりにも気の毒。
強行突入して犯人を射殺すればよかったのにと思ったよ。
テレビで放送していたあの場所は大学に通っていた頃日常的に使っていた道路だ。
それにしても最近は本当に物騒だ。

で、話は変わって表題の件。
恐怖と言うものは何も幽霊とかそう言った不可思議現象ばかりではなく日常的なものがほんのちょっとずれたところで起こることじゃないかなぁと思ったりする。

例えば・・・

午前二時ごろ、ふと酒が飲みたくなり近所のコンビニへ。
途中、公園の脇に差し掛かると夜中にも関わらず数人の子供が一心不乱に遊んでいる。
近くを通ってもこちらには気付かないようだ。
だがふとしたきっかけで子供が一斉にこちらを見る。
・・・

引っ越したばかりの部屋にいる。
電話はまだ繋がっていない。
その電話が突然鳴る。
心臓が止まる思いで受話器を上げると知人の声が。
ごく日常的な会話をして終わる。
翌日知人に昨日の電話の事を尋ねる。
電話したよと怪訝な顔。

こういう話が実は何よりも怖かったりする。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

レンタル掲示板
/47