teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

  1. クラシック無駄話(2)
  2. 不思議やら怪奇やら(0)
スレッド一覧(全2)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


事故を起こした業者

 投稿者:けん  投稿日:2007年 6月 6日(水)22時44分53秒
返信・引用
  たぶん倒産するな。
もちろん全額弁済だから。
壊れた窓を直すのにどれだけ費用がかかるか分かったもんじゃないな。
慣れが起こした事故だ。
緊張感がかけている。
弁済できたとしても会社としての信用はゼロで新規の仕事は来ない。

http://www.kanshin.com/user/39592

 
 

本当に馬鹿な日テレ

 投稿者:けん  投稿日:2007年 6月 6日(水)21時45分45秒
返信・引用
  仰天ニュースをチラッと見たら・・・
言ってるよ。
「温暖化により氷が解けて島が消える」
・・・
日テレの製作スタッフは小学校も出ていないらしい。
こんな事言っているのは日本だけってのを聞いて余計恥ずかしくなったよ。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

高層建築

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 6月 6日(水)20時11分50秒
返信・引用
  名古屋は景気がいいみたいですけど、東京は全体にそんなに華やかではないはずなのに、完全にバブルの頃を彷彿とさせる「格差の塔」が林立しもう目も当てられない状況です。目の前に再開発の無情さを見せ付けられながら、もっとゆったりした都市計画を考えられないのかなあと思います。ま、都政はああいう人たちと癒着しまくりですししょうがないですけど。  

バベルの塔

 投稿者:けん  投稿日:2007年 6月 6日(水)19時45分26秒
返信・引用
  名古屋の現在建設中のスパイラルタワーズで今日、鉄板を上から落とすと言う事故が発生した。
このビルはね、バベルの塔を連想させるのだ。
昨日、名駅ビル(セントラルタワー)からスパイラルタワーズを見ていたのだけど、螺旋の形状がまさにバベルの塔。
いやな事が起きなければと思っていたらこのありさま。
昨日の時点でブログに書いておけばよかったかな。
けが人が出なかったのが不幸中の幸い。
あまり高みを望ま無い方が、と思ったりして。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

気づくこと気づかれること

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 6月 5日(火)12時36分55秒
返信・引用
  受けとる側がそう解釈しないとわからない「微徴」としてあらわしてくることというのはあるでしょうね。。おそらく生きている人間より余程力がなく繊細な現象としてしか意志を示すことはできないのでしょうから。  

北向

 投稿者:けん  投稿日:2007年 6月 5日(火)10時41分7秒
返信・引用
  普段俺は北向きに寝ている。
北向で無いと駄目って訳ではない。
ホテルなんかは枕の置いてある方向に寝ているし。
実家で俺がいつも寝ているところも最初は西向で寝ていたが、
あまりにも妙な夢ばかり見るので北向きにしたら多少収まった。
先週の土曜日も実家に泊まったのだがその時は西向きだった。
そしたら早速来たねw
本を読み終わり(新耳袋ではない。椎名誠の赤マントだ)、さて寝ようかとスタンドの灯りを消して寝転がった瞬間に来たね。
体が漆黒の闇に沈むような感じとなる。
でも意識は比較的はっきりしていて寝ているって感じじゃない。
どちらかと言うとそれに反発して目が覚めるって感じ。
それを幾度か繰り返して寝たのだけど、そこで夢が始まる。
昭和の風景のところでで働いている夢。
必ずそうなのだよなぁ。
働いている夢。
突然死んでしまった義兄。
幼い頃に両親と死に別れ、兄妹別々に親戚に預けられ暮らした生涯。
育ての親である俺の母親に最期まで「おかあさん」と呼ばなかった義兄。
四十九日の朝、お袋の夢に現れ自分の骨の一部を兄の墓に入れてくれと頼んだ義兄。
一度も呼ばなかった「おかあさん」を死んでから数日後に家事をしていたおふくろに呼びかけた義兄。
伝えたい事はいっぱいあったのだろうなぁ。
正月二日に起こった妙な夢(以前投稿したもの)も自分が帰ってきた事を伝えたかったのだろうなぁ。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

XP

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 6月 1日(金)22時08分18秒
返信・引用
  しばらくパーソナルユースの標準はXPから動かなそうです。ライセンス管理は怖いですねw
モー娘もネットバブルの時期と共に訪れ、ネットバブルと共にはじけたようなかんじもします。あれはでも、定着しないまま入れ替え組み換えで、戦略的におかしかったですけど。
 

2000

 投稿者:けん  投稿日:2007年 6月 1日(金)21時16分18秒
返信・引用
  そのままの環境で今のネットの世界に放り込むと不便だらけw
いろんなのをdllしないといけないね。
どうにもならなくなったらXpを買おうっと。
ちゃんと台数分買わないといけないのが辛い。
いやいや
それはルールでした!
困ったなw

http://www.kanshin.com/user/39592

 

モー娘。

 投稿者:けん  投稿日:2007年 6月 1日(金)21時14分19秒
返信・引用
  いやもう要らないかと。
ビジネスとして成り立たないと思うし。
なんか最近哀れに思うよ。
結局しっかりと下積みをして来た芸能人だけが残れるのさ。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

ホームオフィス状態ですねw

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 6月 1日(金)11時01分59秒
返信・引用
  2000というところが今後どうなんでしょうというところでしょうか、、会社が2000なんですが結構足りないDLLとかあります。グーグルのガジェットがそのままじゃ動かなかったり。  

LAN

 投稿者:けん  投稿日:2007年 6月 1日(金)10時41分59秒
返信・引用
  あぁ俺は馬鹿だ。
Admini・・・なんて全然関係なかった。
最も単純なコンピュータ名じゃないかよ~
俺はそれを勘違いしていた。
問題なく繋がったぜぃ。
サーバーも稼動中。
HDDの容量を上げないとな。
しかし一人で何やっているのだろうw

http://www.kanshin.com/user/39592

 

怪談の類型

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月31日(木)23時21分43秒
返信・引用
  都市伝説のレベルで人の思いつく、あるいは遭遇する怪談なんて、十冊もあれば網羅できてしまうくらいしかないのかもしれません。心と脳と何かの関係の中に生まれる怪談。。  

しかしなんだ

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月31日(木)20時47分8秒
返信・引用
  下に投稿した不条理なお話と似たのが「新耳袋」にもあるなぁ。
まぁ誰しも考える事は同じか。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

Administratorが2台

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月31日(木)18時27分11秒
返信・引用
  あぁ困った・・・
Admini(以下略)が2台だよw
2台とも権限を持って使用したいのだ。
Power userとして使用しても制約がある。
困ったなぁ。
ノートパソはAdminiではないから問題ないけど・・・
なぜ同じ2000Pro SP4でこう言う事が起こるのだろう・・・
Xpを入れようかなぁ。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

リアルに軍事偵察機だったら

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月31日(木)17時50分37秒
返信・引用
  恐いです(;-_-+
無人探査機とかってどのくらい遠くから制御できるんですかねえ。。
 

UFOなら

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月31日(木)17時20分41秒
返信・引用
  6年程前に見たなぁ。
福知山に仕事で行った時だ。
昼飯を食べた後寝転がって空を眺めていたら遥か遠くに銀色の物体が見える。
最初は星(昼間でも条件がよければ見えるから)かなぁと思ったけど、そこまで遠くなさそう。
止まっているかと思ったらゆっくり動いている。
こりゃ低軌道で周っている人工衛星かなぁと思ってなおも見ていたら、直角に方向転換した。
そしてまたしばらくするとまた直角に方向転換し、もともと進んでいた方向へと動いている。
近くにいた人にも見てもらったけど、確かに見えると言う。
偵察衛星が軌道変更したのかなぁとも思うけど、直角に動いているように感じるように見えるのかなぁ。
その物体はあっという間に消えると言う事は無く一定のスピードで雲に視界を妨げられるまで見えていた。
人工衛星だろうか。
写真撮ったらMIBに会えたかなぁw

http://www.kanshin.com/user/39592

 

尻切れの話のほうがリアル

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月31日(木)15時07分26秒
返信・引用
  とされた頃がありました。日本の怪談にオチがつくようになったのは幕末以後で、怪談の枠組み自体あいまいだったという、故杉浦日向子さんの話を思い出します。杉浦さんは見事に漫画にされましたが、あのくらい鮮やかな語り口でないと、しかも文字だけとなると読み手の感受性にもよってきますから難しいですね。この作者のコンビは巧いです。しかしボロも出てます。  

なんだ・・・

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月31日(木)13時57分9秒
返信・引用
  今ふと思ってネットで検索してみた。
医者が和牛詐欺のために作った偽物牧場かぁ~
あとは脚色なんだなぁ。
まぁお話として面白いので許す。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

山の牧場

 投稿者:けん  投稿日:2007年 5月31日(木)13時52分21秒
返信・引用
  これは読み物としても結構いけるかも。
MIBのくだりは少々片腹ものではあるが。
一夜か二夜ののっぺらぼうの話もそうだけど、よくこんな話を今時出来るよなぁとある意味感心する。
俺が編集者なら手前味噌の話とのっぺらぼうとUFOのMIBのお話は削除するなぁ。
それと八甲田山の話だけど、散々引っ張っておいてあれかよって感じ。
ほかの怪談話とどこが違うのかねぇ。
どうもこの御仁とは一度お話がしたいものだ。
そんな中でも山の牧場は結構いける。

http://www.kanshin.com/user/39592

 

千手観音ポーズの写真にいたっては

 投稿者:管理人  投稿日:2007年 5月29日(火)13時40分32秒
返信・引用
  唖然としますよ。真偽をあきらかにしないのが売りなのに、あれはあきらかに誤認です。。まあその前に既に飽きていたんですが、全十冊はやりすぎでしたね。テレビマンが噛んでいるのがよくわかるシリーズです、感覚がテレビマン的というか。  

レンタル掲示板
/47