レイテの英会話講師たちに義援金を送りたい



カテゴリ:[ 連絡掲示板 ]


10件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[11] 朗報です!!

投稿者: Ken 投稿日:2013年11月20日(水)18時13分26秒 u522146.xgsnun4.imtp.tachikawa.mopera.net  通報   返信・引用

重大な事態が引き起こされた今回の災難の中で,Annabelle先生の安否確認が最も遅れていました.しかし,今日しゃべり隊本部にスカイプで問い合せしたところ「つい先ほどAnnabelle先生のご無事が確認されました…」とのこと.マニラに避難されているようです.これは彼女に限らず多くのレイテ市民について言えることでしょう.レイテ島のほとんどの家が破壊されてしまったのですから.ともかく,これでしゃべり隊講師は全員が無事であることになりました.不幸な出来事のなかで,我々会員を含めしゃべり隊にとっては最高の結果になりました.みなさんで喜びを分かち合いましょう!! 「英語でしゃべり隊クラブフィリピン台風30号災害義援団体」の寄付金受付期間は今月末までですので私はすぐに振込ました.しかし,その義援金の送り先はスタッフが中心になる…ということなので-私としてはちょっと不満.何故講師とスタッフの間で差別をするの…?の気持ち-レッスンを予約することでこの差別を少しでも緩和させたい…と思っています.皆さんもどうかご協力下さい.宜しくお願い致します.ありがとうございました.




[10] Re: 会社が動いてくれました

投稿者: Ken 投稿日:2013年11月17日(日)20時18分59秒 u846149.xgsnun102.imtp.tachikawa.mopera.net  通報   返信・引用

facebookの記事を見ました.記事の中の

>義援金としてお寄せいただいた寄付金は主に私たちに携わるスタッフ被災者への日本からの支援物資の輸送および寄付金としてお渡しいたします

の部分は,生徒サイドの心情としては少し気になる部分がありますが,講師への支援はレッスンをとることでカバーすることができますので納得できます.正直,もししゃべり隊がアクションをとってくれなければ失望するところでした.運営サイドが動いてくれた,これで我々は救われます.とにかくよかったです.短い期間でしたがご苦労様でした.これでまた英語の勉強に専念できますね.お世話になりました.ありがとうございました.



[9] サイトは閉鎖します

投稿者: 松葉 投稿日:2013年11月17日(日)19時23分49秒 em114-51-142-7.pool.e-mobile.ne.jp  通報   返信・引用

英語でしゃべり隊クラブフィリピン台風30号災害義援団体が、会社の管理のもとに作られたようです。ですので、もうこのサイトは必要ないと思いますので、数日後、閉鎖しようと思います。短い間でしたが、ありがとうございました。日本の利用者の思いが、フィリピンの講師たちに伝わるといいですね!



[8] 会社が動いてくれました

投稿者: 松葉 投稿日:2013年11月17日(日)19時15分26秒 em114-51-142-7.pool.e-mobile.ne.jp  通報   返信・引用

英語でしゃべり隊の会社が動いてくれたようですね。現在、出張中なので、まだ詳しくは読んでいませんが、これでこのサイトの役割は終わったかな、とも思っています。会社のサイトに義援金の案内が載っています。

https://www.facebook.com/syaberitai/posts/717649614929379



[7] Re: 意見交換をしませんか

投稿者: Ken 投稿日:2013年11月17日(日)11時37分47秒 u543129.xgsnun102.imtp.tachikawa.mopera.net  通報   返信・引用

 先般の投稿の続きです.先ず松葉さんが挙げられた3つの意見について感じるところを記します.

1.レイテの英会話講師たちにできることは、まず、送金だけだろう。物を送ってもしかたがないし、役にたたないだろう。

  私もそう思います.現在は陸路,空路ともに正常に機能していない状態のようです.物を送ってもいつ届くものやら,まったく当てになりません.その上,レイテ島の90%の家は全壊または半壊したようですから,そもそも物を保管しておく場所がないでしょう.これは各国からの救援物資を輸送・配布する専門の部隊にまかせるのが賢明でしょうね.

2.送金は、レイテの英会話講師たちに確実に届くように、透明な仕組みが必要だろう。(会社の一部の人のポケットに入ってしまっては、たまらない。)



3.レイテの英会話講師たちには、ごく簡単なビデオメッセージで、受け取ったことを知らせてもらいたい。(これが偽造できない領収書の代わりとなる。)

については「生徒からの義援金を100%確実に被災された講師に届けてもらうための手続きをどうするか…」という問題だと思います.しかし,これはとても難しくないでしょうか….私はこういうことに疎い人間なのでよく分らないのですが,これを徹底するということは,大きく分けると次の「その1」と「その2」を実行してもらうということですよね.

その1
 集まったすべての義援金の明細を証明できる形で献金者側に提示する.
その2
 被災された講師の口座に振り込んだことを証明するもの(例えば振込書など)を献金者側に提示する.勿論,松葉さんがおっしゃるように義援金を受け取った講師の方々全員から受け取り金額を含めたビデオメッセージをしゃべり隊のサイト上で公開して頂くというのも1つの方法としてはあります.

 その1で示される義援金の合計から,振込手数料等を差し引いた金額が,被災された講師の方の受取金額の合計とほぼ一致すればよい訳ですが旨くいくでしょうか….或いはもっと簡単に済ます方法があるのでしょうか….先程申し上げたように,理系人間の私にはよく分りません.

  しゃべり隊の運営者側に義援金の問題を打診してから1週間近くになります.この間,何か動きがあるかと私は頻繁にしゃべり隊のホームページを覗いてきました.しかし,現在のところ何も動きが見えません.現在も検討しているのでしょうか…?それとも「単に義援金を募って送金するだけならよいが,透明な仕組み…云々で,そんな煩わしいことを要求されるならご免したい…」ということがあるのでしょうか.ちょっと勘ぐってしまいました.

 そんなこんなで,他のオンラインスクールの状況をネットで探ってみました.私が知った限りでは,「レアジョブ」「QQイングリッシュ」「ぐんぐん英会話」「産経オンライン英会話」が義援金を募っています.既に覗かれているかも知れませんが,一応URLを貼っておきます.我々しゃべり隊の会員としては,しゃべり隊にも頑張ってほしいですね….

レアジョブ
http://www.rarejob.com/information/donate201311/

QQイングリッシュ
http://www.qqeng.com/relief/

ぐんぐん英会話
http://www.gge.co.jp/2013haiyan

産経オンライン英会話
http://learning.sankei.co.jp/news/detail/no/65


 こんなことをいろいろ考えていると,前回の投稿でお示しした方法1,つまりレッスンチケットを購入して,レイテを中心とした講師のレッスンをとる形がスッキリするのかな…と思ったりしています.私が誤解している点がありましたら,ご指摘願います.今日はこれにて….



[6] ご提案ありがとうございます

投稿者: 松葉 投稿日:2013年11月15日(金)12時52分34秒 yoshino.cc.sophia.ac.jp  通報   返信・引用

いろいろご提案ありがとうございます。ニュースでやっていましたが、レイテでは武装集団との銃撃戦まであるとか。送金をして、相手のかたに受け取ってもらうようになるまで状況が落ち着くのには、まだ時間がかかりそうです。

ネットでの寄付金集めには、匿名になることが多く、いろいろ問題がある(あった)ことは、みなさんもよくご存じかと思います。安心できなければ誰も寄付しませんし、呼びかけたほうの道義的な責任も生じます。情報と知恵を集めて、慎重に進められたらと思います。

あとizumanateeさんからもメッセージがあるかも、と思いますので、待ちたいと思います。



[5] Re: 意見交換をしませんか

投稿者: Ken 投稿日:2013年11月15日(金)12時49分46秒 u543129.xgsnun102.imtp.tachikawa.mopera.net  通報   返信・引用

 紅茶さんはじめまして.しゃべりたい隊の会員の中に同じようなことを考えていらっしゃる方が次々と現れて嬉しく思います.フィリピンの国内においてもこういう義援の動きが出てくることは当然考えられることです.Oliver先生のメッセージにある銀行口座が「公式な支援団体のものなのかどうか…」という点が確かに一番気になるところですね.疑って大変失礼だと思いますが,ここはやはり慎重にならざるを得ません.実は,しゃべり隊の運営サイドに対しても,既にこの件に関して働きかけをしています.しゃべり隊の「質問コーナー」で11月12日の松葉さんの質問に対する私の回答において少しだけこの件に触れましたが.これとの兼ね合いもありますし,講師の方々の安否も現在のところ未だ分っていない状況ですから,今しばらく推移を見守る必要があるかな…という気がします.

 ご投稿ありがとうございました.今後とも宜しくお願い致します.



[4] Re: 意見交換をしませんか

投稿者: 紅茶 投稿日:2013年11月15日(金)09時42分49秒 p13127-ipngn6201marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp  通報   返信・引用 > No.2[元記事へ]

しゃべり隊のOliver先生から次のようなメッセージが届きました。

Angels Tagaytay Office will be having a fund raising campaign to help the victims of Typhoon Yolanda which killed thousands of people and left millions in hunger. We want to help in any possible way we can and so we are asking for your help. We have already started the fund raising and we need more donations. Any amount will be appreciated. The money will be converted into food, water, and medicine. You may send your donation to the account stated below. Here's the complete details:

    Bank Name: Philippine National Bank - Crossing Mendez, Tagaytay City Branch
    Account name: Edmon Diaz-de Leon
    Account Number: 483332100013

We will send you a documentation of the fund raising. Your help will make a big difference. Thank you in advance.

P.S. Please confirm to me if you have made the donation.

これはしゃべり隊として公式な支援団体なのかどうかを確認したくて調べていたら、この掲示板にたどりつきました。
フィリピン台風の被害に対して、このメールが来る前から、私は何か寄付をするつもりでいました。他の団体に寄付するよりも、直接フィリピンの人達の役に立つのなら、ここに寄付します。



[3] Re: 意見交換をしませんか

投稿者: Ken 投稿日:2013年11月14日(木)22時42分21秒 u545023.xgsnun201.imtp.tachikawa.mopera.net  通報   返信・引用 > No.2[元記事へ]

 松葉さん,しゃべり隊の質問コーナーへのコメント,ありがとうございます.お手数をおかけしています.今回のような試み,初めてのことなので正直一体どうしたものか…と思案にくれています.いずれにしても,ここでの義援金の対象者がしゃべり隊講師であり,そのうえ送付先が国内ではなくフィリピンですから,しゃべり隊の運営サイドの協力なくしては何もできませんね….また,万一最悪の事態が起こって,例えば亡くなられた講師がいた場合,対応の仕方が他の講師の場合とは少し変わってくるのかなーという気がしたり,講師の安否の状況がはっきりしない今の段階で対応の仕方を細部まで詰めるのは難しいように思われますが如何でしょうか….一応,特殊ケースはないものとし大雑把な枠組みだけを考えると,方法として次のように分けられるしょうか….

方法1
しゃべり隊運営サイドの手を一切煩わすことなく,しかも確実に一定の義援金を講師にお渡しする方法

それは私が最初に考えた方法です.すなわち,義援金を贈る意志のある者が「レイテなどの大きな被害を受けた地域の講師のレッスンを一定量予約する…」という方法です.この方法はある意味で非常に現実的なものだと今でも思いますが,それには義援金の対象講師が被災後もしゃべり隊でレッスンを続けてくれることが必要です.たとえばレッスンを継続できないほどの重症を負っていた場合,或いは,そうでなくても何らかの事情で辞められたら,この方法では義援のしようがない訳です.一方でこの方法は,しゃべり隊運営サイドとしてはもっとも歓迎する方法ではないか…と想像します.なぜなら,義援に関してしゃべり隊運営サイドは一切手間を煩わせる必要がなく,おまけにポイントの売上が一時的にせよ上がるからです(どれだけ上がるかは,義援金を拠出しようとする生徒がどれだけ出てくるかに依存します).他方,義援金を出す我々生徒の側からすれば,この方法では金額的な意味で効率よく被災された講師に義援金が渡らない…というジレンマを感じるかも知れません….それはレッスン料の100%が講師に行く訳ではないからです.日本赤十字社に寄付をしたとしても同じことが言えますが….私の推測では,実際に講師に渡るペイは我々が支払うレッスン料の50%を切るだろうと思われます.どの程度切るのか詳細は存じません.ただ経営的なことを考えればそれもある程度はやむを得ないことです.
 とにかくこの方法は,義援金の対象講師が被災後もしゃべり隊でレッスンを続けてくれないことには義援金をお渡ししようにもできない…という問題を抱えています.しかし,結果的にこの問題が生じない場合は,十分検討に値するのではないか…と感じます.

方法2
定められた口座に生徒各自が義援金を振り込み,それを普段しゃべり隊の運営サイドが講師に月々の報酬を支払う手順と同様の方法で対象講師に配布して頂く方法.

この方法は事情の知らない私が適当に想像で言っていることなので,そもそもこんな方法が可能かどうかは不明です.仮にこのような方法,或いはこれに準じた方法が可能だとしても,いろいろ検討しておくべき事項がありそうです.これについては,機を改めて近日中にお伝えしたいと思います.

今夜はこれにて失礼….



[2] 意見交換をしませんか

投稿者: 松葉 投稿日:2013年11月13日(水)22時52分5秒 KD118157080247.ppp-bb.dion.ne.jp  通報   返信・引用

E-syaberitaiでフィリピンの先生たちと毎日のように英会話している私にとっては、レイテの惨状は、心を痛めるものでした。E-syaberitaiの学生たちで、レイテの講師たちにわずかでも義援金を送りたいと考えている人は少なくないはず。
幸いにE-syaberitaiには質問コーナーがあり、そこで利用者(学習者)どうしの意見交換ができます。そこで、kenさんやizumanateeさんが同じようなことを考えていらっしゃることを知りました。
しかし、あそこの質問コーナーは、本来、そういうことを意見交換するためのところでもありませんし、会社への遠慮もあります。そこで、こういう無料の掲示板を作ってみました。
この掲示板で、レイテの英会話講師たちに、私たちが何ができるか、考えてみませんか。私が考えていることを以下に書いておきます。

1.レイテの英会話講師たちにできることは、まず、送金だけだろう。物を送ってもしかたがないし、役にたたないだろう。
2.送金は、レイテの英会話講師たちに確実に届くように、透明な仕組みが必要だろう。(会社の一部の人のポケットに入ってしまっては、たまらない。)
3.レイテの英会話講師たちには、ごく簡単なビデオメッセージで、受け取ったことを知らせてもらいたい。(これが偽造できない領収書の代わりとなる。)

いかがでしょうか。


レンタル掲示板
10件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.