teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


3chマルチ

 投稿者:ita2  投稿日:2017年 7月21日(金)23時43分54秒
  プロト1台目ほぼ完成、適当なスピーカーで音出しすると良い音です。
今までのモジュール式と違いボリュームでカットオフ周波数を可変できます。
 
 

独自ドメイン

 投稿者:ita2  投稿日:2017年 4月 9日(日)22時53分45秒
  .comにしようか.jpに使用か色々考えて.jpでやることにしました。
やはり日本からの発信とするほうが良いと思います。
 

ネットショップ

 投稿者:ita2  投稿日:2017年 3月31日(金)22時00分1秒
  有料のネットショップに移行しようと考え、カラーミーショップと契約しました。
独自ドメインを取得して運営しようと思ったからです。
ショップは、有料のカラーミーショップと無料のヤフーショッピングの2ヵ所にしようかと思っています。
ストアーズJPとベイズは凍結です。
 

プリアンプ2

 投稿者:ita2  投稿日:2017年 2月17日(金)21時19分11秒
  3chマルチ対応プリの発売を前にして価格の再検討の為一時プリの販売を停止しました。  

プリアンプ

 投稿者:ita2  投稿日:2016年10月29日(土)07時02分19秒
  ネットショップTONACTIVにてエレクトリック・フィルタリング・プリアンプと称したプリを発売しました。
モジュールの交換にてエレクトリック・クロスオーバーにもなるプリアンプです。
イコライザーアンプも付いていますので、レコードも聴けます。
チャンネル・ディバイダーを追加することなく、一台で通常のプリとチャンネル・ディバイダーと両方に切り替え出来て大変便利です。
切り替えはモジュールの交換になりますので、頻繁にというわけにはいきません。
フォノイコライザーが不要でしたら、3chマルチ用のプリもあります。
これの1ch分をバッファアンプとしますと、2chマルチ出力とフルレンジ出力の出るプリアンプとなります。
 

TLSその後4

 投稿者:ita2  投稿日:2016年 5月 2日(月)13時30分43秒
  最終的にはウェブサイトの写真のようになりました。
http://www.hi-ho.ne.jp/ita2-yas/speaker/rf35_04.html
ツイータはVifaのツイータに変更しました。
現在は、ダブルウーハーとで2ウェイとなっています。
その内に2ウェイとマルチとを切り替えできるようにする予定です。
 

TLSその後3

 投稿者:ita2  投稿日:2016年 1月11日(月)23時06分17秒
  2セット目のクリプシュもTLSに改造しました。
ダブルウーハーのままで重りを付けてf0を下げて使っています。
ツイーターはホーンの部分を潰しましたので付属の物をホーン無しのツイータとして使いました。
能率が合わず、アッテネーターを付けなければなりません。
聴感上は問題ないのですが、測定結果を優先しようかと思います。
 

TLSその後2

 投稿者:ita2  投稿日:2015年12月13日(日)09時47分39秒
  比較的安いハードドームのツイータで800Hzまで出すのは少々きつく、フルレンジを足した3ウェイにしました。
MIDを担当するフルレンジは、振動板材質がツイータと同じチタンのTANGBANDの3インチフルレンジとしました。
TWとMIDはスタティックのクロスオーバーとし、3kHzくらいでつないでいます。
WOと上はマルチアンプとしています。
中域が充実しかなり良くなりました。
 

TLSその後

 投稿者:ita2  投稿日:2015年11月23日(月)14時04分1秒
  自作ウーハーボックスがうまく行ったので、クリプシュもTLSに改造しました。
クリプシュはダブルウーハーなのですがシングルにしてかつ重りを付けてf0を下げて使っています。
ツイーターは付属の物ではなく800Hzまで何とか使えるTANGBANDの物を使いマルチにしています。
 

TLS

 投稿者:ita2  投稿日:2015年 9月10日(木)08時38分20秒
  ネットに出ている設計寸法をアレンジしてユニットも特性が近い物を選定してウーハーボックスを作りました。
確かに30Hzがしっかりと出ますし、20Hzでもレスポンスがあります。
正弦波スイープでの聴感では50Hz~100Hzで落ち込みを感じますが、音楽を聴くとわかりません。
非常に素直な低音が出ているようで低域の音階もわかりやすいです。
それと比較すると、バスレフは癖があります。
 

小型低能率スピーカー

 投稿者:ita2  投稿日:2015年 3月25日(水)11時59分4秒
  今まで、スピーカーは高能率だと思っていて、低能率は避けてきました。
昔の低能率は元気のない音だったからです。
今回、フォーカルとウィーン・アコースティックの小型ブックシェルフを購入してみて考えを改めました。
トールボーイは値段が高いし置き場所もないので小さいブックシェルフでしたので低音はあまり出ませんが、十分に満足できます。
特にウィーン・アコはハイドンGSEで箱がすごく良く丈夫です。
ソースの本当の響きがでているようです。
 

モジュールの発売について

 投稿者:ita2  投稿日:2015年 3月 4日(水)13時58分48秒
  オールドマークレビンソン用のモジュールは、一度発売しました。
ですが、音質的な問題とDCオフセットが少し大きいので発売を停止しました。
現在鋭意音質検討中です。
始めに出したのはICを使った小型品でしたが、現在温度特性検討中のディスクリートモジュールと同時に再発売予定です。
どちらもLNP-2L用のモジュールです。
 

(無題)

 投稿者:ita2  投稿日:2015年 2月19日(木)10時08分57秒
  ここで言うオールドマークレビンソンは、LNP-2L と ML-1L を指します。
JC-2 は、持っていませんので、少しだけ除外しています。
基本的には後発のML-1L と同じですので、範疇にしているかと言えばしています、というお答えになります。
モジュールが出来たら次は、それを搭載した独自プリアンプを出します。
電源別タイプは試作が終了していますが、PSEマークの関係で電源内蔵にします。
又、まだミュート回路が付いていませんのでそれも付けなければなりません。
トランジスタのミュート回路かリレーにするか、音質チェックからやらなければなりません。
又、
 

ネットショップ

 投稿者:ita2  投稿日:2015年 2月10日(火)09時26分9秒
編集済
  ホームページ冒頭にもあるように、ネットショップ、TONACTIV、2店を始めました。
Stores.jp と
Yahoo shopping
です。
オールドマークレビンソンの為のモジュール等の販売店です。
そのモジュールを中心として展開していこうと思っています。
乞うご期待。
 

ずいぶん時が過ぎました。

 投稿者:ita2  投稿日:2014年 9月11日(木)19時49分5秒
  相変わらず、マルチアンプです。ツイータは、コンプレッション・ドライバーとなりました。チャンネルディバイダーは、電源別の物を自作しましたが、電源内蔵品を作りたいと思っています。こうご期待。  

マルチアンプ

 投稿者:ita2  投稿日:2013年11月26日(火)00時16分25秒
  バイケーブル、バイアンプときてついにマルチアンプになりました。
ネットワークが音質に多大な影響を与えているのがわかりました。
それはエレクトリッククロスオーバーを通してネットワークにつないでも同じで影響がありました。
 

近況報告

 投稿者:a2it  投稿日:2013年 4月19日(金)12時21分20秒
  ここも閑古鳥ですが、1月より3か月を経、5月の連休を前にして近況報告です。

7Tはお飾りと化し、E-20aは別室にて放置、その後入手したLNP-2が現役となっています。
但し、内部モジュールは劣化しており購入価格の半分以上は劣化したモジュール代に当たり相当の損をしたようです。
但しそうしなければ手に入らないものなので仕方ないかもしれません。
現在モジュールはコンパチ品に変えられており、中域のこってり感を少し残しつつも帯域が上下に大きく広がった大変良い音となっています。
高域もヒステリックな部分が全くなく、出ていないのではないかという鳴り方です。
メインアンプはREVOXのA-740(改)ですが、球アンプはプリアンプも含めて情報量、帯域の点で敵いません。
以前は球アンプは立ち上がりが良く、石アンプは寝ぼけていると思っていました。
ですが、そうでもなく帯域の広さ、情報量の多さで石アンプの勝ちとなっています。
もちろん、球アンプにつなぎかえると球の良さはあります。
但し、普段使いでは石アンプで十分でひ弱なアンプに有り勝ちのボーカルがバックに負けるという事はありません。
もちろん、録音でも差がありますが情報量の多く帯域の広いバックの音にボーカルが負けることなく前に出てきます。
カートリッジは情報量が多すぎて今一上手く鳴らなかったTSD-15Nに変わりました。
MCトランスも変わりEMT948の付属プリに載っているものとなりました。
古い時代のトランスより新しい時代のトランスの方が情報量、帯域ともに上のようです。
今は、こんな状況です。
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:ita2  投稿日:2013年 1月 1日(火)08時18分8秒
  本年もよろしくお願い致します。
おそらくここへのアクセスは極小でしょうが、近況をちと。

昨年末に3台のアンプを入手しました。
この内、Mark Levinson のJC-2は、中身が入れ替えられていましたので返品。
マランツの7Tは、パネルが汚かったのでお掃除、曲がりもありましたがこれは直せず。
ラックの最上部でピカピカ輝いています。
音は時代を考えると良いのではと思います。
最後は、ロジャーズのE-20a、これは正解でした。
中身の写真があり、そこにEROが使われていたので落札しました。
今まで、球アンプはコストの関係でシングルのみでした。
低域がどうしても弱いのですがこのE-20aはP-Pです。
プリ部は普通ですが、入力セレクタとボリュームのあるメインアンプとして使っています。
自作球チューナー、自作プリ、E20-aでオーディオベクターが良く鳴っています。
レコードもこの構成でそこそこいけるのではないかと思います。
まあ、傍熱のビーム管ですから多くは期待できないとは思います。
このE-20は、デザインで損をしています。
上側に真空管を露出せずアールを付けたステンレスのパンチングメタルを付けたのは良いのですが、ツマミのあるパネル面が地味すぎました。
これでは判る人にしか買ってもらえなかったでしょう。
 

DA-F9000熱問題

 投稿者:ita2  投稿日:2012年 9月29日(土)15時37分9秒
  DA-F9000のユーザーさんはここを見てくれるでしょうか?
電源電圧が100V以上になると電源部のヒートシンク(手前側)が熱くなります。
温度は、70℃を超え、80℃になります。
これでは問題(但しトランジスタは壊れない)なので、温度発生を分散させます。
具体的には、整流前の回路に抵抗を入れてそこで熱を発生させ電圧を下げます。
ジャンパー線を切ってそこに抵抗を入れれば出来上がりです。
 

バイアンプ

 投稿者:ita2  投稿日:2012年 8月19日(日)16時18分13秒
  バイケーブルでしばらくやっていましたが、ついにバイアンプまで行きました。
以前実験的にモノラルのバイアンプを行ったときは、2ウェイがフルレンジになったように感じました。
今回はアンプがグレードアップされているせいか、情報量も多くなりスピーカー全体が1つになって鳴っているように感じます。
大成功のようです。
 

B710

 投稿者:ita2  投稿日:2012年 8月18日(土)22時33分25秒
  カセットデッキの最高峰、REVOX B710 を入手しました。
例によってヤフオク調達です。
安かったのですが、難ありで安いのと、MKⅡ でないからでした。
MKⅡとの差は、ドルビーCの有り無し、メタル対応の有り無しです。
現在ではメタルテープは手に入れにくいですし、手持ちも処分した後ですので、問題ありません。
音は、低域のしっかりした音でたくさんの音が出ている感じです。
部品(コンデンサ)を変えれば高域も良くなるんではないかと思います。
但し、調整が出来ません。
定数のバラツキで調整ズレが起きると困ります。
まずは電源、フラットアンプあたりからやろうかと思っています。
 

DA-F9000

 投稿者:ita2  投稿日:2012年 7月23日(月)21時49分7秒
  ヤフオクでの落札価格が高騰開始か?
2件続けて1万9千円だったが、今回は3万4千円もの高額で落札されていた。
しかも、きちんと調整されていない物だし。
説明を見ると、受信周波数が正しくなるように検波コイルを回しているらしい。
歪率、セパレーション、どれもめちゃくちゃだろう。
そもそもシンセなので音がいいといってもそこそこ。
数千円で落札したアナログ機の部品を変えて再調整するほうが良いように思うが。
そうしても合計で1万円じゃないのかな。
大昔、確か3万5千円(サンキュッパかも)で秋葉原で山積みされていたように思うのだが。
 

LANケーブルをSPケーブルに使う2

 投稿者:ita2  投稿日:2012年 5月20日(日)17時37分0秒
  単線のLANケーブルが手に入ったので、より線と比較してみた。
長さが違うので完全な比較にはならなかったが、よりはっきりした音になるようだ。
なので、スピーカー内の配線をこれと交換してみた。
以前は、綿被覆線であったが、これに変えるとよりはっきりくっきりした音になり聴きやすくなった。
大成功!
 

LANケーブルをSPケーブルに使う

 投稿者:ita2  投稿日:2012年 2月 5日(日)08時03分44秒
  ここをご覧になった方は、騙されたと思って試してみてください。
CAT5EのLANケーブルを4パラにして使います。
高温がすっきりして、線が細い分低音がやや落ちます。
ですが、低音もはっきりと聞こえます。
付帯音が無くなるというのでしょうか、聞き取りやすい音になります。
理由は2つほどあり、①ケーブルインピーダンスが下がってスピーカーのインピーダンスに近づく。
②細いので表皮効果がなく(語弊ある表現だが)高音、低音で差が出ない、です。
うちは、LOWTHERのシステム、およびサブシステムはLANケーブルにしています。
ぜひお試しください。
 

昨年と今年

 投稿者:ita2  投稿日:2012年 1月 3日(火)08時29分37秒
  久しぶりに更新です。
昨年後半は、電線音頭、結局LANケーブルの内部線4パラを平行使用しています。
スピーカーは複数あるので、UT-1Qへの全交換はできませんでしたが、
Cat.5EのLANケーブルも良いケーブルです。
どちらも断面積で少し不足があるのですが、まあまあ満足です。
CDP用アンプは、REVOXのA740になりました。
古いアンプなので、部品交換、回路の一部変更をしました。
ですが、良いアンプです。
今年はさらに改造を行おうと思っています。
LP用システムはプリアンプを交換し、自作プリメインのプリ部を使い始めました。
変わった球を使ったアンプから12AX7(テレフンケンを含む)を使ったオーソドックスな物になりました。
やはりプリに良く使われている球は良い音の出方、鳴り方をします。
メインアンプ部が電源のブリーダ回路になっていますので、改良をしようと考えています。
 

電線音頭

 投稿者:ita2  投稿日:2011年 8月21日(日)06時51分20秒
  久しぶりに電線音頭をしています。エージングが必要だそうで最終結論はまだ先ですが、1日間の音出しでは良好でした。UT-1Qという線です。  

レコードその2

 投稿者:ita2  投稿日:2011年 7月 8日(金)19時45分38秒
  3枚目を聴きました。2枚は、シューベルト、3枚目はバッハにしました。
バイオリンのソロ(パルティータNo.3)ですが、現代からするとちょっと変わった演奏に聞こえました。
また、やはり少ーしデジタル処理の感じがします。
でも良い演奏です。
現在の(演奏)人もちょっとは聴いてみてはと思います。
 

ケンブリッジ オーディオ AZUR 740C

 投稿者:ita2  投稿日:2011年 6月18日(土)14時35分50秒
編集済
  本日到着、そろそろディスコン品のようでアメリカで安売りを始めていました。
送料、関税込み込みで7万5千円程度でした。
dedicated audio という販売店で買いましたが、799$の表示でした。
この上の840Cは、約1600$なので大変お買い得です。
(UKでは£799.95≒10万円なので、そんなに差はなさそうです。
ですが、740Cが£199.95でちょっとショックでしたが、展示品のようです。)
これを買った理由は、アップサンプリングの音を聞いてみたかった事です。
到着して早速鳴らしていますが、驚き、なめらかな音が出ています。
本当の細かい音かどうかは知りません。
アップサンプリングそのものがCDに入っていない音を作っているのですから。
細かい音が出るようになると立ち上がりの鋭さが鈍って聞こえますが、今回は、REVOX 221Cと外部DACの負けです。
早速交換と相成りました。
 

レコード

 投稿者:ita2  投稿日:2011年 6月11日(土)23時48分5秒
  久しぶりにレコードを買いました。
Coup d'Archet(クー・ダルシュ)のJohanna Martzy - The EMI Recordings です。
送料を含めて360ポンド、約4万4千円です。HMVですと他の1枚と同時買いで5.3万円なので、1万円位安く手に入ったことになります。
ですが、試しに聞いたことが無い復刻盤、ほとんど博打です。
復刻盤は、約1年前にミソスの盤で痛い目に遭っています。
2枚で2万円が、1枚聴いてダメだこりゃ、でヤフオクで1.4万円(0.5+0.9万円)で売却しました。
レキシントン盤は1枚持っており良いのがわかっていましたが、クー・ダルシュはわかりませんでした。
今回のクー・ダルシュの8パッケージ、10LPのボックス品は、1枚を聴きましたが、ややデジタル処理をしているような感じがするものの良い音で鳴っており安心しました。
レキシントン盤はアナログ盤の鳴り方がします。
ですが、今回は良い買い物をしたと思っています。
残り9枚を聴いて感想が変わらない事を祈ります。

 

励磁型スピーカー

 投稿者:ita2  投稿日:2011年 4月30日(土)17時02分22秒
  励磁型が磁気抵抗が低くて良いんだ、という話なのでちょっと聴いてきました。
結果は、家のシステムを変えるほどではないな、でした。
ヒアリングしたシステムの送り出しのクオリティが低いのもありましたが、録音現場では励磁型は使っていないので何か独りよがりをしているようにも感じます。
 

レンタル掲示板
/7