teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


来期講座の出欠につきまして

 投稿者:斉藤久美  投稿日:2016年 4月27日(水)11時53分58秒
返信・引用
  先ほど、皆様宛てに来期アクション講座のご案内を送らせて頂きました。
大変お手数をおかけいたしますが、お返事、よろしくお願いいたします。
もし届いていない場合、ここででも申告してください。
もしくは手近な方へ連絡入れてみてください。
 
 

製図書き開放日のお知らせ

 投稿者:斉藤久美  投稿日:2016年 3月24日(木)22時44分13秒
返信・引用 編集済
  プログレスにて、自習の図面書きのための開放日が決まりました。

3月27日(日)
4月17日(日)

です。
なお、仕上がった図面を4月29日に行われる総会で掲示させて頂ける方を募集中です。
もちろん総会が終わりましたらお返し致します。
掲示させて頂ける方には豪華粗品を進呈予定です。
ふるってご提出下さいませm(__)m
 

お知らせ

 投稿者:斉藤久美  投稿日:2016年 3月14日(月)22時48分11秒
返信・引用 編集済
  アストライン、1年間お疲れ様でございました。
もう使う事はないかもしれませんが、巻線計算表をクラウドへ移しました。
ダウンロードは不要です。アクセスして頂けば使えます。

このページはアクセスできる人全員で共有します。
色付き欄(セル)の数式もどなたでもいじれます。
が、変更しないように注意して下さい。
変更していいのは白い欄(セル)の数字だけです。

万一いじってしまって戻せなくなった時はご連絡下さい。
こちらで直します。

よろしくお願い致します。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1TDDU5_xhmmi4zSDA717jwjqQjxerDw07J7unAA12h4Y/edit?usp=sharing

 

14日木場の見学会

 投稿者:斉藤久美  投稿日:2016年 3月10日(木)18時05分11秒
返信・引用
  久保田さんにお返事まだの方、お早めにお願い致します~。  

佐藤一夫さんより

 投稿者:兵藤  投稿日:2016年 3月 8日(火)23時24分43秒
返信・引用 編集済
  佐藤一夫さんより
「3月22日23日の2日間で本製図まで仕上げませんか?」との事です。
(連休とおっしゃっていたので。もしかしたら20日21日のことかもしれません…。)
自宅では広げる場所も限られるでしょうし、プログレスに来て、2日間もあれば出来ますよとおっしゃってくださいました。
また14日に皆さんとご相談出来ればと思います。
先ずはお知らせまで。
 

Re: ヘラーべース

 投稿者:斉藤久美  投稿日:2016年 2月16日(火)17時02分46秒
返信・引用
  > No.27[元記事へ]

永井さん、ステキな情報をありがとうございました。
オリジナルデータがないピアノもあるでしょうから助かりますね。
仰るようなソフトもあったら面白いですね。

この勉強をしている人は、オリジナルの弦をなくしてしまっても
前後の弦の寸法から答えを導き出せ・・・ますかね?
多分できるはずですよね。けど私は大丈夫なんでしょうか??

実際に行き詰まってみないと理解してないことにも気づけないですし
特に私の場合は殆ど頭に吸収されていませんから最初からやり直して
お勉強しないとなぁと思います。
 

ヘラーべース

 投稿者:永井厚  投稿日:2016年 2月15日(月)12時23分4秒
返信・引用
  昨日はお疲れ様でした。
実は一昨日レンナージャパン研修会でヘラーべースのことが話題にのぼりました。A寸法:ヒッチピンから駒ピン上迄の長さ B寸法:ヒッチピンからアッパーブリッジ迄の長さ 要するに有効弦長と振動数さえ指定すれば、ヘラーは理想のべース弦を作ってくれる。
例えば、断線した弦を測定しても当初の物より多少太さや長さが変化してしまって、更に前にも断線していての張り替えてとなると、更に寸法がグチャグチャになってせっかく巻いて貰っても使い物にならない。オリジナル寸法のデータがあれば良いが、ない物についてはヘラー方式があると便利かなと思います。
なので、実際巻線屋さんにこの寸法でお願いしますという、データが出せるソフトがあると多くの人に喜ばれると思いますよ。
銅線の巻き始めと終わりもスチールの伸長を考慮してヒッチピンから銅線迄の長さを短めに作らないととならないでしょう。
 

本日はお疲れ様でした

 投稿者:斉藤久美  投稿日:2016年 2月14日(日)19時58分8秒
返信・引用
  本日も長い時間お疲れ様でした。
ファイルストレージにあげた「巻線計算表」、消えてしまっていて申し訳ありません。
復活させましたのでTOPページから再チャレンジしてみて下さい。

F(ニュートン)から逆算(?)して弦長など求められる式を作りたいと思います。
何を求めたいでしょうか?銅線総直径?弦長?
すみません、よくわからないので、ご指定頂けたら入力してみます。


あと、ここはアストライン受講生だけにお知らせしました。
畠先生と佐藤さんは見ることができません。
 

ありがとうございます

 投稿者:斉藤久美  投稿日:2016年 1月30日(土)22時34分19秒
返信・引用
  兵藤さん、わざわざ計算も試して下さってありがとうございます。
仰るとおりで理由がさっぱりわからないのですが
ここはスルーするのが正解かなと思い、気にしない事にしました。
本当はすっごくモヤモヤしていますけど・・・(笑)
 

Re: 混合密度の計算が合わない件

 投稿者:兵藤  投稿日:2016年 1月30日(土)01時53分34秒
返信・引用
  > No.21[元記事へ]

> が、T-76の例題1のインハモを求める式で出ている(四角に囲まれた一番左)
> 混合密度7.305という数字にたどり着きません。
> 7.325964102という結果になるのです。

凄い!既にインハモなんですね。

なるほど、例題の混合密度とは違ってますね。
試しに、T-77の例題2でやってみました。
dcuを2.7mm(0.27cm)として計算すると(ホントは2重巻き線だから0.9と1.8なんだけどいいのかな?)、
混合密度は7.0175となり、例題2の7.021にはなりません。

条件以外で変えられるのは、パイぐらいなので3.14を入れてみたりしましたが違いました。
T-76では例題の分母の数字が大きい、又は分子が小さい。
T-77ではその逆で、傾向がわかりません。
そうなると、斉藤さんが言う芯線と銅線の密度が変わるのか?って思いますよね。

以前、弦の伸長でT-55の例題でも若干数値が違っていた事がありましたが、
結局のところ「畠さんに聞かないとわからない」です。

 

レンタル掲示板
/4